今 日 読 ん だ 本

  • 清水ちなみ: サルでもできる家事いっさいがっさい
  • 沢木耕太郎: ミッドナイト・エクスプレス
無料ブログはココログ

2006年5月14日 (日)

「キック」への渇望:詩神は渇く

■tngcくんから言われたんだけど、「時間かかるからやらないって言ってたことで、僕が進めたり、一緒にやったやつって絶対にはまりますねー」って。そうだよ。だからそうなんだってば。競馬はちょいはまりです。今日もやってるんだろ、な、な。
■だから、競馬にはまってる人って、一週間のうち前半は土日のレースの復習で、後半は土日のレースの検討なんだろ。面白いよ絶対(笑) でもな、それで日常的に「キック」の欲求が満たされてしまうだろ、きっと。誰でもそうなんじゃないかってオレは思うんだけど、「キック」がないとダメなんだよ、生活にな。それでさ、競馬にはまったりなんかするとな、酒も飲まないでいいようになるし、人と言い争ったりすることもなくなるし、なんか穏やかでいい人になっちゃうような気がするんだよ。ダメじゃないかそれは、なあ?あ、それでもいいのか。なんか決着?
■kick [U]((俗))(アルコール飲料の)刺激性, ぴりっとした味;活力, 元気, 精力, (内燃機関の)力, パワー;[C]((俗))快感, スリル, 興奮;(強いが一時的な)興味, 関心, 熱